トップページ > 連結納税ナレッジ > 個別制度の取扱い

連結納税ナレッジ

個別制度の取扱い

受取配当金

連結納税を適用している場合は、連結グループ全体で益金不算入額を計算します...

寄付金

寄付金はその性質上、反対給付がないなど損金性に乏しく「損金不算入的性格」を有していますが...

連結納税における減価償却費

減価償却限度額の計算は、各連結法人において、単体納税の場合と同様の方法で行います...

圧縮記帳

圧縮記帳については、各連結法人が確定決算において損金経理により圧縮損の計上を行う必要があること等から、グループ内の連結法人毎に適用します...

貸倒引当金

税務上、各事業年度の損金の額に算入すべき販売費、一般管理費その他の費用は、償却費を除いて...

交際費

法人が支出する販売費・一般管理費その他の費用の額は、原則としてその事業年度の損金の額に算入すべきこととされて...

所得税額控除

連結納税においても法人税と源泉徴収される所得税の二重課税を排除するため、源泉徴収された所得税額は連結法人税額から...

外国税額控除(基本的な取扱い)

内国法人が外国で経済活動を行った場合に得た所得に対して、その外国において課税される場合があります。一方、内国法人は外国で得た所得も含め、その法人が得た...

連結法人における雇用促進税制の適用

2011(平成23)年4月1日から2014(平成26)年3月31日までの期間内に始まる事業年度において、雇用保険の被保険者を5人以上(中小企業...

  • サービスはこちらでご確認ください
  • 税務会計アドバイザーに相談する

このページのトップへ