連結納税導入シミュレーション

平成22年度税制改正によるグループ法人税制の適用開始に合わせて、連結納税制度が一部改正となりました。 この改正により連結納税制度導入のデメリットが軽減され、これまでと比べて連結納税制度を導入しやすくなりました。 連結納税を選択した場合に享受できる、企業グループの損益通算をはじめとしたメリットにも注目が集まり、多くの 企業グループが連結納税の採否を再検討しています。

アクタスでは、連結納税制度の採否検討を、グループ全体での税金コストを見直す絶好の機会として最大限ご活用い ただけるよう、連結納税導入のシミュレーションサービスを提供しております。

このような企業グループに

国内に100%子法人があり、かつ、以下のような場合には、連結納税の選択によって税金コストを削減できる可能性があります

  • グループ内に、黒字法人と赤字法人とがある
  • 親法人が多額の繰越欠損金を有している
  • グループ内に、多額の含み損を抱える固定資産を保有する法人がある   など

 

アクタスの連結納税導入シミュレーションサービス

サービス内容

サービスの特徴

  • 連結納税を導入した場合にどのようなメリット/デメリットがあるか、平成22年税制改正により導入されたグループ法人課税との比較や税効果会計への影響など、税制の観点からだけでなく、会計の観点からもシミュレーションを行います。
  • 連結納税と密接に関連してくる組織再編の手法を視野に入れ、法人グループの利益を最大化するためのスキームを検討します。
  • 連結親法人及び子法人の管理体制が、連結納税の導入前及び導入後において、十分に構築されているかどうかをチェックします。

連結納税制度導入決定後のご支援

連結納税の導入手続
連結納税導入に伴い税務署等に提出する届出書の作成・提出を代行します。
また、連結納税導入・加入時に注意が必要な事項について事前に情報提供いたします。
社内体制の整備
連結納税対象法人の管理体制の分析により、内部統制の拡充補助や、決算期の変更、加入・ 離脱法人の管理を行います。
納税充当金計算
会計監査・決算報告前に納税充当金を計算することにより、実際の納税額と会計数値との大幅な乖離を防ぎます。
組織再編の検討
タックスメリットの観点からだけではなく会計の観点から、利益最大化のために最適な組織再編を 検討いたします。
税務申告
連結確定申告書及び個別帰属額届出書の作成・提出を代行いたします。
また、連結加入や離脱が発生した場合に必要となるみなし事業年度による確定申告書についても、 資本関係に関する再編などに精通するアクタスが、万全の体制でフォローアップいたします。